SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

プロダクトマネジメントとデザイン経営

曽根原氏と佐宗氏に訊く、プロダクトマネジメントとデザイン経営──プロダクト志向型組織への変革とは?

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

プロダクトマネージャーの役割、そして誰を幸せにしたいのか

曽根原:組織がどうあるべきかについては、プロダクトマネージャー目線でも同じことが言えます。プロダクトマネジメントの世界では「プロダクト志向型組織」という言葉を使うのですが、これはデザイン組織と包含関係にあると思っています。

 プロダクトマネージャーとは、ひとことで言えば「プロダクトの成功に責任を持つ人」のこと。その仕事は大きく分けて次の3つに整理できます。1つはそのプロダクトを作る「意味」、なぜ作るのかを決めること。2つめはその「意味」に基づき、どんなプロダクトを作るのかを決めること。そして最後が、実際にプロダクトチームをリードすることです。プロダクトマネージャーは、我々のプロダクトはどこを目指しているのかについて、全員の目線が合っている状態を作る。その状態ができているからこそ、各ファンクションは「こう動くことが最適」だと自律的に判断することができるのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング