SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

電通デジタル、メディカル統合ソリューション「DDMEX」の提供を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 電通デジタルは、デジタルを活用して、医療現場における医師と治療を受ける患者、双方の側面からコミュニケーションをサポートする、メディカル統合ソリューション「DDMEX(ディーディーメックス):Dentsu Digital Medical Experience Transformation」の提供を開始する。

 社会構造の変化やコロナ禍の影響を受け、昨今の医療現場では多くの課題が発生。医師側は製薬企業の医薬情報担当者(以下、MR)との接触機会が減少し適切な情報が得にくくなっており、一方患者側もSNSやインターネットによる情報氾濫で信頼できる医療情報を得づらくなっている。

 このような課題に対し、DDMEXはデジタル技術を活用することで、医師・MR・患者それぞれの立場から「より良い治療体験」を実現するという。

 DDMEXでは、まず医師・MR間の関係構築を重視し、リモート技術を活用した接触機会の創出や医師への的確な医療情報提供を行う。またMRに対して医師ニーズの共有やナレッジの管理など業務効率化支援を行い、実業務のデジタル移行を推進。さらに、医師・患者間のより良い関係構築のために、最適なコミュニケーションによる患者の心理的不安の軽減、医師と患者の治療目的の共有、患者側の治療へのモチベーション・治療効率の向上をもたらすとした。患者にとっての「より良い治療体験」の提供が可能となり、また前向きに治療に取り組むことができるといった良いサイクルが生み出されるという。

DDMEXの特徴

医師とMR、医師と患者、双方ニーズをワンストップで叶える2領域編成

1.プラットフォーム・トランスフォーメーション領域(PXT領域)

 MR活動のデジタル化支援、デジタル接点の強化と拡張、医師データの統合/活用を軸とした、データマーケティング、プラットフォームに特化したソリューション

2.コミュニケーション・トランスフォーメーション領域(CXT領域)

 患者のCX(顧客体験)理解からあるべき姿の導出、Webサイトなど自社コンテンツのCX改善、CX専門家によるインハウス化支援など、患者の治療体験を軸とした事業戦略、体験設計やクリエイティブ開発などコミュニケーションに特化したソリューション

 それぞれ8つのメニューを初期展開しており、プロジェクトに合わせてそれぞれのメニューを選択/カスタマイズすることができ、柔軟性のあるソリューションの提供が可能。

※メニューは今後拡張・変更する可能性あり。

画像クリックで拡大表示
画像クリックで拡大表示

 電通デジタルでは、顧客起点の発想で様々な企業のDXを支援。ヘルスケア業界・製薬業界においては、医師と患者をつなぐ治療体験にフォーカスした、「より良い治療体験」の提供を目指し、医師と患者のニーズやインサイトを可視化し、デジタルを活用したソリューション提供、コミュニケーション設計などを行っている。今後も、医師・製薬会社と患者双方に対する「より良い治療体験」の提供を目指し、治療体験の刷新をサポートすることで新たなビジネス価値創造に貢献するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング