SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

明治HD川村CEOとみさき投資中神社長が語る、ESGは社会の為ならず──ROEとESGの両利きとは?

HR Transformation Summit 2022セミナーレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2022年7月20日に開催された「HR Transformation Summit 2022」から、明治ホールディングス株式会社 代表取締役社長CEOの川村和夫氏、みさき投資株式会社 代表取締役社長の中神康議氏が登壇したセッションをレポートする。
 セッションでは、サステナビリティ経営が注目される背景、日本の「経済的豊かさ」や「精神的豊かさ」の惨憺たる現状などを議論の起点として、「サステナビリティ経営の実践」をテーマにパネルディスカッションが行われた。モデレータは株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ 代表取締役社長の白藤大仁氏が務めた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

なぜ「サステナビリティ経営」が注目を集めるのか

 環境・社会・経済の持続可能性への配慮により、事業のサステナビリティ(持続可能性)向上を図る「サステナビリティ経営」。ビジネスパーソンにとっても“耳慣れた”キーワードになりつつある。

 リンクコーポレイトコミュニケーションズ 代表取締役社長の白藤大仁氏(以降、白藤氏)は、現代の企業は社会の公器として、「環境(E:Environment)」「社会(S:Social)」「ガバナンス(G:Governance)」というESG観点での持続可能性を考慮した発展を目指すべきだとする。これができない企業は存続が難しい状況にあるという。そしてなぜ今、サステナビリティ経営が注目されるのかについて、「3つの市場とその変化」に着目すべきだと語る。

サステナビリティ経営が注目される背景
クリックすると拡大します

1.資本市場の変化

 世界最大の年金基金であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は「運用資産すべてでESGの観点」を取り入れ、また世界最大の投資会社であるブラックロックは2020年から投資戦略の指針に サステナビリィティの観点を入れることが重要だと何度も発信している。

 このことからも分かるように、「短期的な業績重視の投資基準」から「長期的な企業価値」への注目度が高まっていると、資本市場で起きている変化の潮流を「長期化」という言葉で表現した。

2.商品市場の変化

 現代の消費行動は、“消費以上の何か”が求められ、脱プラスチックやアニマルフリーなどのような次世代を見据えた社会課題を考える「エシカル消費」が当たり前になりつつある。

 このことからも分かるように、「個人」の消費欲求が満たされた現代では、消費者は「社会」の抱える問題に着目した消費活動を重視するようになり、商品市場では「社会化」という変化が起きていると述べた。

3.労働市場の変化

 「人口減少」や「転職者数の増加」、「価値観・モチベーションの多様化」という3つの要素により、企業は中長期的に人材を雇用・確保することが難しくなっている。

 では、企業はどうすればいいのか。白藤氏は従業員側にも企業側にも変化が必要だと述べる。従業員は、会社を単に「働く場所」ではなく、成長が見込める場所なのかという判断基準を持つことが必要だとし、その期待値を会社に伝えるべきだとした。会社は従業員の期待値を把握し、要望に応えることで「働きがい」を高めることが必要だと強調する。この「従業員と会社の関係性」の変化は、今話題となっている従業員エンゲージメントに表れる。

従業員エンゲージメント
クリックすると拡大します

 白藤氏はこのようにサステナビリティ経営が注目される背景を説明し、みさき投資 代表取締役社長の中神康議氏(以降、中神氏)にバトンをつないだ。中神氏は日本経済や日本社会の現状を示す調査データを共有し、以降に続くパネルディスカッションに向けて問題提起をした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
日本の「経済的豊かさ」や「精神的豊かさ」の惨憺たる結果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栗原 茂(Biz/Zine編集部)(クリハラ シゲル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング