SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

IHI、NEDOの公募採択を受けインドでアンモニア混焼実証研究に向けた検討を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 IHIは、興和とともに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業(実証要件適合性等調査)」に応募し、共同提案「実証要件適合性等調査/温室効果ガスの排出削減を実現するための既設石炭火力のアンモニア混焼実証研究(インド・グジャラート州)」を受託した。

 両社は、インドの市場調査および現地企業のAdani Power(アダニ パワー/以下、APL)所有のAdani Power Mundra(アダニ パワー ムンドラ)石炭火力発電所における、既設石炭焚きボイラなどを対象として、アンモニア20%混焼の実施を目標に、将来的に専焼まで混焼率を拡大すべく、技術的検討および経済性の検証を行うとしている。

 また、両社は今回のアンモニア混焼に関する検討を、APL所有の他石炭火力発電所やインド国内他石炭火力へ展開することも見据えているという。この取り組みは、2022年3月19日にインドと日本の両国政府より発表された、エネルギー安全保障の確保、カーボンニュートラルと経済成長の実現を目的とした「日印クリーン・エネルギー・パートナーシップ(CEP)」に沿っており、取り組みを通じてインド全体のカーボンニュートラルに具体的に貢献していくと述べている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング