SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

バーティカルAIとグローバル展開の本質

「AIを活用したDX」が期待されている理由──「バーティカルAI」という解決策

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ここ数年「DX」というワードを聞かない日はありません。また、「DX」が流行する数年前から「AI」がトレンドとして大きな注目を集めてきました。しかし、これらを合わせた「AIを活用したDX」というテーマとなると、世に出ている情報は多くないのではないでしょうか? 「バーティカルAI」という事業成長モデルや、グローバル展開の本質について考察していく本連載の第1回では、なぜ今AIを活用したDXが期待されているのか、その推進を担うAI企業側にはどのようなチャレンジがあるのかを紹介していきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

AIは「啓発期」に突入している

 ここ最近バズワード的なAIに関するニュースが減り、AIに対する過度な期待は修正されたように思います。Gartnerのハイプ・サイクルによるとAI(人工知能)は、「幻滅期」を通り抜けて「啓発期」に入りました。

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年
出典:Gartner「Gartner、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表
クリックすると拡大します

 これを言い換えるなら「AIを活用して何かできないか?」という議論がようやく終わり、「AIがもたらす効果をどう最大化するか?」というフェーズに入ったとも言えるでしょう。今後10年で、AIによるインパクトが加速度的かつ不可逆的に進む中、啓発期における取り組みの優劣が、AIソリューションを提供する側にとっても、利用する側にとっても、これからの未来を大きく左右するものと考えます。

「AI企業」とは何か

 AIは啓発期に入りましたが、AIソリューションの提供を担う「AI企業」とはどのような企業を指すのでしょうか。IT企業を一括りに語れないのと同様に、AI企業も一括りにすることは難しいと考えています。

 AI技術を大まかに分類すると、弊社Tractableが注力する画像認識に加え、自然言語処理や、音声認識、時系列予測などが挙げられます。また、顧客との一問一答をルールベースで解析し、その結果を“推奨”として返すアプリを開発している企業や、AIを簡易的な業務ツールとして開発している企業もAI企業と名乗ることが多いのも事実です。

 個人的には、いずれも顧客が価値を認めて利用しているのであれば、素晴らしいことだと思っています。しかし、言葉が定義されていないことで、まったく性質の異なる価値を提供する企業をAI企業と一括りにすることで、様々な誤解が生じているとも感じています。そこで、本連載では、以下を満たすものを「AI企業」と定義したいと思います。

  • ルールベースではなく、ディープラーニング(深層学習)技術を活用したスケール前提のソリューション提供を行っている
  • AIを活用して顧客の業務変革を促すなど、ビジネスモデルそのものへの革新にも貢献している
  • 顧客が大手企業の場合、AIの活用によって最低でも数億円以上の効果が見込めるプロジェクトとして位置づけられている

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「AIを活用したDX」が期待されている理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
この記事の著者

堀田 翼(ホッタ ツバサ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング