SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

バーティカルAIとグローバル展開の本質

「AIを活用したDX」が期待されている理由──「バーティカルAI」という解決策

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

AI企業のスケールにむけて

 前述の通り、AI(ディープラーニング技術)でしか解決できない業界の構造的な課題を特定し、これまで職人やエキスパートが担っていた業務の変革を促すことで大きな効果を実現するというのは、非常に難易度の高いプロジェクトになります。

 そこで、多くのAI企業はコンサルティング会社の出身者を多く採用し、顧客の課題を特定してその顧客にカスタマイズしたソリューションを提供するという、いわゆる“コンサル的な”アプローチを採用しています。しかし、コンサル的なアプローチの欠点は、労働集約的でスケールが困難なことです。スケールが難しいと、継続的に学習データを蓄積することができないため、競争優位を維持できなくなるリスクがあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
バーティカルAIとグローバル展開の本質連載記事一覧
この記事の著者

堀田 翼(ホッタ ツバサ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング