Gleaner、「ChatWork」を採用し、法人専用MVNOサービスにOnlineヘルプデスクを提供

MVNOサービス「Gleaner Mobile」の運用サポート面に重点

 Gleaner(大阪市中央区)は、同社が提供する法人専用MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「Gleaner Mobile」において、ChatWorkが運用するクラウドコミュニケーションツール「ChatWork」を、Onlineヘルプデスクのプラットフォームとして11月4日から採用することを発表した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Onlineヘルプデスクでは、「ChatWork」を活用し、各企業専用のサポートページを用意。機器の操作説明から企業の目的に合わせたアプリケーションの提案、運用のアドバイスまで、スマートデバイスの利用に関する全てのことを、1社あたり月額9,800円(税抜)で提供する。

 従来の携帯電話キャリアの契約では、端末の手配や運用までの準備などを販売会社がフォローしているが、MVNOサービスではそういったフォローがほとんど行われておらず、法人での利用にはまだまだ多くの問題を残しているのが現状だという。

 Gleanerでは、継続的な運用をしていかなければならない法人でのMVNO市場拡大のためには、より簡単に、安心して利用できることが必要だとしている。

 「Gleaner Mobile」は、NTTドコモのLTEに対応したデータ通信サービスで、NTTドコモのサポートエリアでは下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの高速データ通信を利用可能な日本初の法人専用MVNOサービスだという。