SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

一橋大学米倉教授が語る、「有効需要創出の“限界”」と「小さな組織の大きな利益」

「インテグラート ビジネスシミュレーション フォーラム2015」セミナーレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

商品の良し悪しを決めるのは「社長」ではない―消費者が決める企業の未来

 日本企業が向かうべき未来。それは「消費者」あるいは「マーケットの視点」にある。2015年という年は、外国人観光客の増大に伴ってサービス収支が黒字に転じた。だが、訪れた観光客1300万人を世界的に見ると、香港、サウジアラビア、韓国などの後を追いかけて22位だ。観光大国と自負できるほどの規模ではない。

日本には京都・奈良、北海道、九州、四国などのエリアや、日光東照宮、東京ディズニーランドの観光スポットがあります。しかし、観光立国としてのレベルがまだまだ高くない。沢山いいものをもっていても、観光客が来ない、顧客が買わないのには訳があります。その商品やサービスがマーケットニーズに合っていないからです。

 例えば、沖縄に訪れる中国人観光客に最も人気なお土産は、「ちんすこう」などの名産品ではなく「夕張メロン」だそうだ。「夕張メロン」は沖縄と縁もゆかりもない。けれど、桐箱に入ったメロンは贈り物として喜ばれる。日本を訪れる観光客にとっては、夕張メロンが北海道のものであることは、どうでもいいことなのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング