SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業企画の現場で使う、ツールTips

競合なき未開拓市場を発見する!ブルーオーシャン戦略の難易度を下げるには?

第10回:戦略キャンバス編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

機会マトリクスを併用する

 第3回目の記事で、顧客はジョブを上手く成し遂げる上での評価基準、つまり望ましい成果が顧客の真のニーズであることをお話ししました。企業は全ての望ましい成果に対応するプロダクトやサービスを提供することは事実上不可能です。したがって、顧客観察やインタビューを通じて、望ましい成果を重要度(その成果は顧客にとってどの程度重要か?)と満足度(その成果は現在どの程度満たされているか?)という2つの尺度でプライオリティ付けを行う必要があります。この2つの尺度によりプロットされたチャートを機会マトリクスと呼ぶことにしましょう(図3)。

機会マトリクス図3. 機会マトリクス

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業企画の現場で使う、ツールTips連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング