SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織行動によるRegular Innovations

技術も製品も市場も変えない「Regular Innovations」の鍵は組織変革

組織行動によるRegular Innovations:第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

自己変革に伴う難しさの3つのポイント「外部性/客観性の発揮」「変革への集中」「結果へのコミット」

 二つ目は、社内で行う「自己」変革の難しさです。自分たちで自分たちを変えることの難しさ、とも言えます。変革推進担当が自分の同僚や斜め上の上司や部下にあたる人たちを対象にして、あるいは自分自身を対象として変革を推進するときのチャレンジは、「外部性/客観性を発揮しきれるか」、「変革に集中できるか」、そして「結果にコミットしきれるか」の3点です。

 「外部性/客観性の発揮」がしづらいのは、もともと「同じ釜の飯」を共にするがゆえの同質性のためです。本当は疑問を呈して切り込まなければいけない部分でも、「それ、わかるねえ」とつい共感してしまう。そもそも同じ目線から同じものを見ていることで疑問がわかない、ということもあるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織行動によるRegular Innovations連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アバージェンス(アバージェンス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング