SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織行動によるRegular Innovations

技術も製品も市場も変えない「Regular Innovations」の鍵は組織変革

組織行動によるRegular Innovations:第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

組織変革の成功を阻害する「ダブルバインド」とRegular Innovationsを成功させる8つのエッセンス

 少々遠回りになりましたが、このように二重の意味で成功させることが難しいのが組織変革です。変革しなければならないことは重々承知している、みなそれなりに目的にも同意している、組織には変革を実現する資源もある、しかしもう一方で「既成概念」「惰性」「変化への抵抗」があり、「外部性/客観性発揮のしづらさ」、「変革への集中のしづらさ」、「結果へのコミットのしづらさ」がある。このようにやらなければいけないという状況と、それができない事情とが同時に立ち上がっている状態を、知の巨匠グレゴリー・ベイトソンの概念を借りて、Regular Innovationsの成功を阻害するダブルバインドと呼ばせて下さい。

 ダブルバインドとは、提示されたメッセージと、それが含意するメタなメッセージとが矛盾する状況におかれることを意味します。平たく言うと、パーティーに誘われたので行ってみたら煙たがられた、というような状況です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織行動によるRegular Innovations連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アバージェンス(アバージェンス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング