エーテンラボと学研プラス、「みんチャレ」と教材連携で高校入試へ「家勉」を支援

 三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を運営するエーテンラボと、学研プラスは、「みんチャレ」の強みである「楽しく習慣化できる」仕組みを活かして、学研プラスの参考書や問題集などを使って、高校入試に向けて家で勉強を継続できる環境づくりをサポートすると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 教育IT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学研プラスは「高校入試 合格BON!」シリーズ、「高校入試 中学3年分をたった7日で総復習」シリーズ、「入試に向けてまとめるノート」シリーズの表紙に「みんチャレ」を紹介するシールを貼り、読者へ「家勉で合格!」チャレンジへの参加を促す。また、「みんチャレ」内に「高校入試・家勉で合格!学研公式」チャレンジを開設し、高校入試に向けて参考書や問題集を利用して家で勉強を行う利用者のモチベーションアップと習慣化のサポートをするという。

Gakkenの参考書に貼られるシール

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」と学研プラスコラボの背景

 「みんチャレ」は、習慣を身に付けたい共通の目標を持つ匿名の5人がサービス内でチームを組みチャットで励ましあいながら、ダイエットや早起き、勉強など50種類以上の習慣を身につけるサービスで、今まで20万人以上の利用者の習慣化をサポートしてきたという。

 その中で同じ目標や同じ行動様式の方同士のチームは習慣化成功率が高い傾向がわかってきており、App Storeの平均評価☆4.7(5段階評価)、Google Playの平均評価☆4.7(5段階評価)と実際に使っているユーザーからの高い支持を得て2016年にはGoogle Playベストアプリにも選出されている。

 一方、学研プラスは参考書や問題集を通じて、子どもたちの家庭学習をサポートするなか、1人学習とその習慣化やモチベーションを保つことに課題を感じるという声が多く寄せられていた。特に、高校入試に向けた勉強の場面では、それらの解決が強く求められるという。そこで、「みんチャレ」を利用して「家勉」をサポートするコラボレーションを行うことになったという。

利用者への効果

 「みんチャレ」の「高校入試・家勉で合格!学研公式」チャレンジで、高校入試に向けて家で勉強する利用者同士でコミュニケーションを取りながら他人の頑張りに刺激されたり、励ましあったりしながら「楽しく勉強を続けられる」習慣づくりや、「匿名の勉強仲間」を見つけることができる。

「高校入試・家勉で合格!学研公式」チャレンジ画面とチームに参加画面
「毎晩学研で勉強」画面