SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

クリエイティビティ再考

久留米絣のAI活用がデータドリブンではなく、行動観察による「ニーズドリブン」だった理由

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

どのようにAI技術を活用し、複雑な心理をモデリングしたのか?

安松:
 久留米絣において、どのような人が、どのようなベネフィットを感じ、どのような商品を購入したかを理解するために実施したことの一つはアンケートの設計でした。ブランド研究[7]なども参考にし、「人とは違うものを身につけたい」「作り手の想いを感じることができる」「一般に広く売れているものは持ちたくない」などの購入理由の設問を作成しました。ここで重要なことは、解析技術を前提にしたアンケートの設計をすることです。多くのアンケートはクロス集計程度を想定されているように思いますが、そうした設計ではテクノロジーを活かしきることができません。

 そして、このアンケートフォーマットを各社で共有し、共通のモノサシでみることができるようにして、共有財産として知識を蓄積できるようにしました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
クリエイティビティ再考連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安松 健(ヤスマツ ケン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング