ブロックチェーンを5つのテーマで紹介 Blockchain Insight Japan 2019開催

 Blockchain Insight Japan 2019実行員会は、『Blockchain Insight Japan 2019』を2019年2月19日~21日に東京国際フォーラムで開催すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 テクノロジー ブロックチェーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Blockchain Insight Japan 2019』は「ブロックチェンーンを中心とした技術の現状と可能性」、「ブロックチェーン上で動作する自律分散型のアプリ“Dapps”のショーケース、セキュリティ、開発環境」「ブロックチェーン先進国であるスイス、マルタ共和国、シンガポール産業育成と規制の状況」、「エンタープライズのブロックチェーンへの取組事例」、「ブロックチェーン関連の成功しているマネタイズモデルの現状」で構成されている。

Blockchain Insight Japan 2019の5つのテーマ

1.テクノロジーとビジョン:AI×Blockchain×IoT(20日午前)

 インターネットの登場と同等の強いインパクトでパラダイムをシフトさせるブロックチェーンの可能性をAIとIoTの切り口も加えた現在と未来を技術的な側面から探る。

2.開発とセキュリティ(20日午後)

 Dappsショーケース、セキュリティへの取り組み、ブロックチェーン上で動作するDappsショーケース及び、Dappsの実装環境の現状と未来。さらにセントライズ(中央集権的)、デセントライズ(分権的)のセキュリティ問題を考える。

3.産業育成とエコノミー:各国のブロックチェーン産業育成政策と戦略(21日午前)

 ブロックチェーン産業の育成と投資家保護のバランスをとっている、注目国の規制状況と、トークンエコノミーに参入する日本のエンタープライズの動向を知る。

4.マネタイズモデルの今:資金調達、マイニング、Exchange、メディア(21日午後)

 ブロックチェーン産業創世記の2018年時点で、収益化できているビジネスモデルであるICOプラットフォーム、マイニング、暗号通貨取引所の現状を通して未来を検証する。

5.ブロックチェーンスタートアップが挑戦するデセントライズなビジネスモデル(20-21日通し)

 イノベーティブなアイディアを具現化し新しい価値の創造に挑戦するブロックチェーンスタートアップピッチを通して、分権的なビジネスモデルを体感する。

 また、ブロックチェーンスタートアップを対象としたピッチコンテスト『Blockchain Insight Startup Award』も開催。国内外14組のスタートアップによる20分のピッチと10分の質疑応答がおこなわれる。

Blockchain Insight Japan 2019 概要

  • 日程: 2019年2月19日(火)~21日(木)
  • 場所:東京国際フォーラム
  • 主催:ブロックチェーンインサイトジャパン実行委員会
  • 後援:マルタ共和国領事館、在日スイス大使館