インサイトを捉えなければ、ESGとSDGsは絵に描いた餅──鍵となる「ナッジ」と「デビルインサイト」

第8回

 ESG、すなわちEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス=企業統治)と、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)は、近年の経営におけるキーワードである。しかし、このような「善きこと」、社会的な「正義」に関する課題を、企業が経営において実現することはなかなか容易ではない。なぜ誰もが認め望むことを達成できないのか? 今回は、そのような問題の背景と、解決にあたってインサイトが有効であることについて説明する。

[公開日]

[著] 大松 孝弘

[タグ] マーケティング 事業開発 ロイヤルユーザー ノンユーザー デビルインサイト

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インサイトを活用しなければ、ESG経営やSDGsは“ただのお題目”になる

 ESGやSDGsが世界的に注目されている。その流れを受けて、日本でも政府が旗を振り、企業もその実現に力点を置いている。

 しかし、現実には、企業が(あるいは社会全体としても)このような目標に向けて行動し、達成して成果を得ることは、大きな困難を伴う。

 その難しさの理由と、達成の可能性を高める解決策について整理してみた。

  1. ESGやSDGsに掲げられる内容は、言わば「理想論」である。そのような理想論は、理性的な頭で考える建前としては共感されるが、人間は非合理的な行動を取るものであり、それを実際の行動に移すところにはなかなか至らない。
  2. そのESGやSDGsを実行に移すためには、関与する人々のインサイトを理解し、それを的確に刺激する「ナッジ」などの施策を導入するべきである。中でも、心理面のダークサイドである「デビルインサイト」に着目すべきである。

 以下、順に解説していこう。

バックナンバー