インサイト起点で考える「ヒットの法則」と「失敗パターン」、5つの分岐点とは?

第9回

 「インサイトフルな組織」、すなわちインサイトを活かし実践する組織を実現するために、どのような考え方が必要か、どんな障害をクリアしなければならないか、について、当連載で問題を提起してきた。今回は、その結論とも言うべき「インサイトから見たヒットの法則と失敗パターン」について説明し、そのような組織を実現するためには何が必要か、を考えていきたい。

[公開日]

[著] 大松 孝弘

[タグ] マーケティング インサイト 事業開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インサイトから考えれば見えてくる、ヒットと失敗の分かれ道

 私たちが、インサイトを研究し、600を超える案件で企業との共同作業を行ってきてわかった「だいたい良いんじゃないですか?時代におけるヒットの法則」がある。それは、次のようなものである。

タイトル

 そして、その逆に「だいたい良いんじゃないですか?時代における失敗の法則」も明らかにすることができた。

タイトル

 この「ヒットの法則」に適い、「失敗の法則」を注意深く避けたブランドを市場に提供できる組織こそが、「インサイトフルな組織」である。

 二つの法則について、次ページ以降で詳しく説明していこう。

バックナンバー