オイシックス・ラ・大地とNTT Com、AI応対コンタクトセンターによる電話注文受付の実証実験を開始

 オイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)の「コンタクトセンターDXソリューション」を用いた24時間注文受付の実証実験を4月15日より開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 RPA 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オイシックス・ラ・大地は、対話型AIエンジンとRPAを組み合わせたソリューションを活用し、「大地を守る会」における24時間注文受付の実証実験を開始した。

 実証実験では、NTT Comが提供する、対話型AIエンジンとRPAを組み合わせ、コンタクトセンターの応対から事務処理までのプロセス全体を自動化する「コンタクトセンターDXソリューション」を利用する。

実証実験の実施概要

 オイシックス・ラ・大地が運営する「大地を守る会」の電話注文受付窓口に「コンタクトセンターDXソリューション」を導入し、AIでの24時間注文受付サービスを提供する。

  • 実施期間:2019年4月15日から3ヶ月間
  • 実施時間:24時間受付(メンテナンス時間あり)※平日の9時~17時はオペレーターによる通常窓口と選択可能
  • 実施業務:AIとRPAによる注文受付業務(ヒアリング、復唱、在庫確認・確保、注文確定、アンケート実施、応対内容記録)

特長

(1)音声応対から後続の業務までのプロセス全体の自動化を実現

 AIとRPAを組み合わせることで注文受付業務全体をデジタル化し、24時間注文受付サービスを実現する。

(2)複雑な操作に不慣れな方にもやさしい注文受付を実現

 Webやスマートフォンの操作、電話でのプッシュ入力操作に不慣れな方にも、電話での音声入力による注文受付を提供する。

(3)オペレーターの業務負荷軽減、働き方改革

 AIとRPAを用いることで、定型化された注文受付業務を自動で完結させることができる。そのため、オイシックス・ラ・大地の電話オペレーターは、顧客体験をより向上させる業務への注力が可能になる。