ワイガヤを行動科学で再定義する──アイディアを事業に結びつけるプラットフォームの基本思想とは?

イノベーション創出プログラム「YG Innovation Facilitator」前編

 多くの企業でイノベーションを目指して新規事業創出活動が盛んにおこなわれており、そこで活用される多くのアイディア発想フレームワークに関する書籍やワークショップが紹介されています。しかし、アイディアは出ても事業化しないケースをよく耳にします。
 私たちHondaでも、2016年から知財部門が中心となってアイディア創出活動を進めてきました。最初はアイディアが事業につながらないという悩みがありましたが、そのブレークスルーとなったのが、Hondaに根付く“ワイガヤ”の仕組みでした。私たちは、従来おこなわれてきた“ワイガヤ”を行動科学で再構築し、アイディア創出プラットフォーム「YG Innovation Facilitator」を開発しました。この新しい“ワイガヤ”である「YG Innovation Facilitator」の概要を前後編で紹介していきます。前編では、基本OSとなる体系的枠組みについて解説していきます。

[公開日]

[著] 仲山 修司

[タグ] 事業開発 組織開発 イノベーション ワイガヤ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業化に結びつかないアイディア創出活動が抱える“3つの課題”

 近年、多くの企業で専門の組織を立ち上げ、新規事業創出やイノベーションを目指した活動が盛んに行われています。そこで活用する、多くのアイディア発想方法やフレームワークに関する著作が紹介され、また、ワークショップの開催をサポートする専門家も活躍しています。しかし、これらのフレームワークによって生み出されたアイディアやワークショップから新規事業やイノベーションにつながった事例は、取り組みの数ほど多くありません。

 Hondaでも、私が所属する知財部門が、コトづくりに向けた“イノベーションファースト”の活動として、2016年から研究開発部門や営業部門などと共同でアイディア創出活動に取り組み、アイディア発想法のトライや独自のフレームワークの開発、ワークショップの運営を行ってきました。多くのアイディアが生み出されいますが、残念ながらそのアイディアが評価者の共感を得ることが難しく、事業へ繋げることの難しさを痛感してきました。

 このときに得られた評価者のフィードバックを要約すると「出てきたのはフラッシュアイディアであり、価値がわからない」というものでした。

 このようなフィードバックがあると、活動に関わった人たちは「我が社の評価者はアイディアを見る目がない」と職位や世代の違いのせいにしてしまいがちです。こうなると、「イノベーションのためのアイディア創出」という前向きな活動が継続されないという不幸な結果を招きかねません。

 私たちは、これらアイディア創出活動の結果には主に3つの問題点があると考えました。

  • どこかで見たアイディア
  • 良さがわからない
  • ビジネス成立性に疑問

 そこで、これらの問題点に関して、ロジックツリーにより根本的な要因探求を行います。

図1:多くのイノベーション創出やアイディア創出活動の問題点と要因(ロジックツリー)図1:多くのイノベーション創出やアイディア創出活動の問題点と要因(ロジックツリー)

 その結果、問題の原因は「発想方法」「事前準備」「ファシリテート」に集約することができました。

 振り返ってみると、これまでの多くのワークショップは、アイディア発想方法(フレームワーク)に重点が置かれていました。ワークショップはもともとアイディアを出すことが目的なので、ワークショップを開催してアイディアが出ている状態は、アイディア発想方法が正しく機能しているといえます。

 そこで私たちは、残る「事前準備」と「ファシリテート」こそが本当の課題だと考え、理想的なアイディア創出活動を検討することにします。ここでヒントを求めたのが、Hondaの“ワイガヤ”という会議の進め方でした。

バックナンバー