SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

行動科学で進化するHondaのワイガヤ

ワイガヤを行動科学で再定義する──アイディアを事業に結びつけるプラットフォームの基本思想とは?

イノベーション創出プログラム「YG Innovation Facilitator」前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

0から1を生み出す「イノベーション創出」と1を10にする「プロトタイピング」

(3)イノベーション創出

 一般的にアイディア創出のためのフレームワークやワークショップは2種類に分類可能だと考えています。

 1つは、具体的なお客様の困りごとを解決する課題解決型で、1を10に発展させる「1→10型」のアイディア創出。もう1つは、課題も顕在化していない新規性のあるイノベーション創出型で、0から1を生み出す「0→1型」のアイディア創出です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
行動科学で進化するHondaのワイガヤ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

仲山 修司(ナカヤマ シュウジ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング