ボッシュ、関東の高速道路で自動運転向け自車位置推定技術Road Signatureのデータ取得開始

 ボッシュは、2019年10月より、自動運転用高精度3Dマップ向け自車位置推定技術「Road Signature」のデータ取得に取り組んでおり、2020年度内に高精度3Dマップに統合可能なマップ用データを完成させる予定でいる。データの取得は、東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道など関東近郊の高速道路でボッシュのテスト車両を使用して行われる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] インサイト 事業開発 DX ナッジ 行動経済学

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Road Signatureは、2種類のデータを比較して自車位置を推定するサービス。1つ目のデータは、自動運転車両に搭載されたレーダー、ビデオカメラから取得されるガードレールなど走行時の地物に関する情報。2つ目のデータは、あらかじめ作成されたローカリゼーションレイヤー(他の車両が取得した地物の位置データをもとにしたマップの要素)が統合された高精度3Dマップ内にある地物に関連する情報。この2つのデータをリアルタイムで比較することで、常に高精度3Dマップとの相対的な自車位置を推定することが可能になる。

 ボッシュは、2017年からRoad Signatureの商用化に向けた開発を行っており、2018年には、ダイナミックマップ基盤の提供する「高精度3次元地図データ(ダイナミックマップ協調領域)」とボッシュのローカリゼーションレイヤーを統合させた高精度3Dマップの生成に成功した。公道での実証実験では、この高精度3Dマップを使用して自動運転を検証した結果、Road Signatureが自車位置推定サービスとして有効であることを確認したとしている。

 自動運転を実現するためには、自動運転車両がいかなる状況でも自車位置を十数cm単位で正確に把握する必要がある。このために、ボッシュは以下のようなサービス、ハードウェア、ソフトウェアを一体化させ、冗長性を備えた自車位置推定技術を開発している。

  • 【サービス】相対的な自車位置を推定するサービス、Road Signature
  • 【ハードウェア&ソフトウェア】自車の絶対位置を推定するセンサー、VMPS