TISインテックグループのクラウド、セキュリティ、DCなどのプラットフォーム事業を強化

 TISインテックグループのTISとインテックは、戦略の共有と経営資源を最大活用できる事業戦略推進組織を新設し、グループ内におけるプラットフォーム事業を強化すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISとインテックは、クラウド、セキュリティ、データセンター、ネットワークなどのプラットフォーム事業のビジネス強化を目指す。

プラットフォーム事業の強化の概要

1)プラットフォーム事業戦略推進組織の設置

 TIS、インテック両社の社員で構成されたプラットフォーム事業戦略推進組織をTIS内に設置する。この組織は、グループ全体の主要なプラットフォーム事業の戦略(投資・販売・人材)の推進をメインのミッションとする。グループ各社と連携しながら事業の最適化を実行していくことで、効率的かつスピード感を持った事業運営の実現を目指す。

2)グループ内プラットフォームサービスの「EINS WAVE」へのブランド統合

 TISとインテックの自社クラウドサービス、ネットワークサービスおよびデータセンターサービスを「EINS WAVE(アインスウェーブ)」ブランドに統合する。今後は、グループ全体のサービスをわかりやすく、最適なかたちで提案できるよう、ブランディングやプロモーション活動をTIS、インテック共同で推進していくという。