ABEJA岡田氏と投資家蛯原氏が語る、“天才”と“変人”がストレスなく能力を発揮できる環境とは?

ゲスト:株式会社ABEJA 代表取締役社長CEO 岡田 陽介氏【前編】

 2019年8月に刊行した『テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」』(ダイヤモンド社)が好評な、蛯原健氏による対談シリーズ。今回はディープラーニング(深層学習)のビジネス活用を支援するABEJAの代表取締役社長CEO岡田陽介氏をゲストに前・後編でお送りする。
 蛯原氏は2013年からシンガポールに拠点を移して世界のスタートアップの動向を注視しており、一方で岡田氏はシンガポールとシリコンバレーに現地法人を設立している。前編では、世界における先端ビジネスやそれを支える人材の動向について、それぞれの見解が語られた。

[公開日]

[語り手] 岡田 陽介 蛯原 健 [取材・構成] やつづかえり [写] 和久田 知博 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] AI・機械学習 事業開発 地政学 テクノロジー思考

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバル展開の拠点としての、シンガポールとシリコンバレーの価値

蛯原健氏(リブライトパートナーズ 代表取締役、以下 敬称略):岡田さん、今日はよろしくお願いします。まずは簡単にABEJAについてご紹介いただけますか。

岡田陽介氏(株式会社ABEJA 代表取締役社長CEO、以下敬称略):はい。よろしくお願いします。我々は、AI、特にディープラーニングのビジネス活用を支援している会社です。AIの技術でビジネスをしている多くの会社は、自社で開発したAIエンジンを売っています。ですが我々は、「ABEJA Platform」という“AIエンジンを作る仕組み”を提供しているのが大きな特徴です。このプラットフォームを中核に、小売、製造、物流、コンタクトセンターなど、各業界向けにAIを活用したサービスを提供しています。

蛯原:僕は2013年からシンガポールに住んでいるのですが、ABEJAさんもシンガポールに法人を作りましたよね。シンガポール法人の代表の方とも、現地でお話させてもらったりしています。

岡田:はい。2017年3月に現地法人を設立しました。シンガポールは国を挙げてAIを推進しているので、日本ではなかなかできないことにも挑戦しやすい。グローバルにおける先駆的なビジネスモデルを作るために、格好のケーススタディの場だと考えています。

蛯原:人材確保という目的もありますか?

岡田:おっしゃるとおりです。特に最近は、NUS(シンガポール国立大学 National University of Singapore)のレベルが日本と比べても圧倒的に高くなっていますから。

蛯原:でも、人数はそれほど多くないですよね?

岡田:そうですね。ただ、採りたいのは上位数パーセントなので、量というよりも、質が重要だと考えています。優秀な方々が集まるのはアメリカやシンガポール、に集中してきている感がありますから。

蛯原:先日、シリコンバレーにも進出されましたね。

岡田:はい。ソフトウェア業界では、誰がなんと言おうとアメリカ西海岸なんですよね。日本やシンガポールでどれだけビジネスが成功しようが、アメリカ西海岸で認められない限りはグローバルで認められないということを、つくづく感じます。当然、あちらには競合がたくさんいて勝負のレベルもどんどん上がるわけですが、そこに立ち向かっていくことがとても重要だ、という強い思いがあって現地法人を作りました。

蛯原:シンガポールとはまた違う狙いがあると?

岡田:はい。シンガポールを始めとする東南アジアの国というのは、ビジネスモデルが極めて秀逸になってきています。我々にとって東南アジア周辺は、ビジネスモデルも含む大規模なテクノロジーの実験場としての価値が大きいと感じています。一方、アメリカはやっぱりテクノロジーの国です。テクノロジーをしっかりと作り込むことによって、グローバルに広めていく礎にしたいという意味を込め、会社名はABEJA Technologies, Inc.としました。

岡田陽介株式会社ABEJA 代表取締役社長CEO 岡田 陽介氏
1988年生まれ。愛知県名古屋市出身。10歳からプログラミングをスタート。高校でCGを専攻し、全国高等学校デザイン選手権大会で文部科学大臣賞を受賞。大学在学中、CG関連の国際会議発表多数。その後、ITベンチャー企業を経て、2012年9月、AIの社会実装を手掛ける株式会社ABEJAを起業。2017年には、AI、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指し、他理事とともに設立し、日本ディープラーニング協会理事を務める。2019年10月より、米シリコンバレーの現地法人 ABEJA Technologies, Inc. CEOに就任。

バックナンバー