SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

「移住定住」から「多住流動」へ──人口減少を機会にするシェアリングエコノミーの可能性と未来の生き方

SHARE SUMMIT 2019レポート:Vol.1「地方の未来」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「移住定住」から「多住流動」へ。人口減少を機会に変える未来の生き方

SHARE SUMMIT

 「一定の場所に定住するという考えはもはや古い」と木下氏は話す。「移住定住」にこだわらないアプローチが今後重要となってくる。「移住定住」では、人口の母数が減っていく中でパイの奪い合いとなり、必ず限界が来てしまう。またライフステージの変化の過程で、必要とする住居や居住する環境に必要な要素が移り変わるのは当然のこと。「移住定住」ではなく、現在は「多住流動」という新たな概念が生まれきていると木下氏は述べる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング