早稲田大学入山教授が新刊『世界標準の経営理論』を発売

 早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授の入山章栄氏は、新刊『世界標準の経営理論』を12月12日にダイヤモンド社より発売した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 書籍 経営理論

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Biz/Zine上で「Design×Management=Innovation」を連載中の入山章栄氏は、新刊『世界標準の経営理論』を12月12日にダイヤモンド社より発売した。

以下、書誌情報より


 世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」(management theories)が発展してきた。その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。 まさに世界の最高レベルの経営学者の、英知の結集である。しかし、その知の大部分は学者だけの財産として眠っており、体系化も十分にされず、当然ビジネスパーソンにも知られてこなかった。これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。

 その意味で本書は、大学生・(社会人)大学院生などには、初めて完全に体系化された「経営理論の教科書」となり、研究者には自身の専門以外の知見を得る「ガイドブック」となり、そして多くのビジネスパーソンには、ご自身の思考を深め、解放させる「軸」となるだろう。正解のない時代にこそ必要な「思考の軸」を、本書で得てほしい。(入山章栄)

世界標準の経営理論』目次

『世界標準の経営理論』世界標準の経営理論

  • 序 章 経営理論とは何か│いまこそビジネスに経営理論が求められる、3つの理由│2

【第1部 経済学ディシプリンの経営理論】

  • 第1章 SCP理論│「ポーターの戦略」の根底にあるものは何か
  • 第2章 SCP理論をベースにした戦略フレームワーク│ポーターのフレームワークを覚えるよりも大切なこと
  • 第3章 リソース・ベースト・ビュー(RBV)│バーニーの理論をようやく使えるものにしたのは誰か
  • 第4章 SCP対RBV、および競争の型│ポーター vs. バーニー論争に決着はついている
  • 第5章 情報の経済学1│「悪貨が良貨を駆逐する」のはビジネスの本質である
  • 第6章 情報の経済学2(エージェンシー理論)│人が合理的だからこそ、組織の問題は起きる
  • 第7章 取引費用理論(TCE)│100年前も現在も、企業のあり方は「取引コスト」で決まる
  • 第8章 ゲーム理論 1│この世のかなりの部分はゲーム理論で説明できる
  • 第9章 ゲーム理論 2│我々は人を「無償」で信じるか、それとも「合理的な計算」で信じるか
  • 第10章 リアル・オプション理論│不確実性を恐れない状況は、みずからの手でつくり出せる

【第2部 マクロ心理学ディシプリンの経営理論】

  • 第11章 カーネギー学派の企業行動理論(BTF)│経営理論は名経営者の教訓を裏付ける
  • 第12章 知の探索・知の深化の理論1│「両利き」を目指すことこそ、経営の本質である
  • 第13章 知の探索・知の深化の理論2│「両利き」は戦略、組織、人材、経営者のすべてにおいて求められる
  • 第14章 組織の記憶の理論│日本企業が「組織の記憶力」を取り戻す術は何か
  • 第15章 組織の知識創造理論(SECIモデル)│これからの時代こそ、「野中理論」が圧倒的に必要になる
  • 第16章 認知心理学ベースの進化理論│組織の成長は「進化するルーティン」で決まる
  • 第17章 ダイナミック・ケイパビリティ理論│企業が変わる力は組織に宿るのか、個人に宿るのか

【第3部 ミクロ心理学ディシプリンの経営理論】

  • 第18章 リーダーシップの理論│半世紀を超える研究が行き着いた「リーダーシップの境地」
  • 第19章 モチベーションの理論│半世紀を超えてたどり着いた新時代のモチベーションとは
  • 第20章 認知バイアスの理論│認知の歪みは、組織で乗り越える
  • 第21章 意思決定の理論│意思決定の未来は「直感」にある
  • 第22章 感情の理論:感情のメカニズムを理解してこそ、組織は動き出す
  • 第23章 センスメイキング理論│「未来はつくり出せる」は、けっして妄信ではない

【第4部 社会学ディシプリンの経営理論】

  • 第24章 エンベデッドネス理論│ソーシャルネットワークの本質はいまも昔も変わらない
  • 第25章 「弱いつながりの強さ」理論│弱いつながりこそが、革新を引き起こす
  • 第26章 ストラクチャル・ホール理論│「越境人材」が世界を変える、そのメカニズムとは
  • 第27章 ソーシャルキャピタル理論│リアルとデジタルのネットワークで働く、真逆の力
  • 第28章 社会学ベースの制度理論│「常識という幻想」に従うか、活用するか、それとも塗り替えるか
  • 第29章 資源依存理論│小企業が大企業を抑え、飛躍する「パワー」のメカニズム
  • 第30章 組織エコロジー理論│変化の時代にこそ不可欠な「超長期」の時間軸
  • 第31章 エコロジーベースの進化理論│生態系の相互作用が、企業進化を加速する
  • 第32章 レッドクイーン理論│競争が激化する世界で、競争すべきは競争相手ではない

【第5部 ビジネス現象と理論のマトリックス】

  • 第33章 戦略とイノベーションと経営理論│近未来に戦略とイノベーションは融合し、理論も重層化する
  • 第34章 組織行動・人事と経営理論│これから人事がさらに面白くなる、5つの背景
  • 第35章 企業ガバナンスと経営理論│あるべきガバナンスを考え抜く時代に、必要な理論は何か
  • 第36章 グローバル経営の理論│「国境」の本質を見直すことが、グローバル経営の未来を映し出す
  • 第37 章 アントレプレナーシップと経営理論│アントレ領域が拡張する未来に、起業家をどう育てるべきか
  • 第38章 企業組織のあり方と経営理論│「5つのドライビングフォース」が示す、未来の企業組織の姿
  • 第39章 ビジネスと経営理論│現代の経営理論はビジネスを説明できない

【第6部 経営理論の組み立て方・実証の仕方】

  • 第40章 経営理論の組み立て方│ロジックの賢人ほど、「人とは何か」を突き詰める
  • 第41 章 世界標準の実証分析│ビジネスの実証分析は想像以上に身近で、とてつもなく深い
  • 終章 経営理論のさらなる視座│経営理論こそが、あなたの思考を解放する