Biz/Zineニュース

経済産業省、クラウド名刺管理「Sansan」の導入を拡大

 Sansanは、経済産業省が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の導入を試験的に拡大したと発表した。経済産業省は、新規事業創造をテーマにスタートアップ及び大企業の新規事業開発担当、VC等の人脈共有を目的とした実証及び調査を実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省では、個人で管理していた名刺を省内で共有し、人脈情報基盤を構築したいというニーズから、2015年に一部の局にて試験的にSansanを導入。その結果、数年毎の人事異動による引き継ぎの簡略化など、業務の効率化も結果として認められたという。

 今回の試験的な導入拡大は、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の推進が大きな理由の一つとなっている。

 経済産業省は、めまぐるしく変化する世の中の潮流や市場のプレイヤーが抱える課題に対応し、産業の「現場」に即した政策を立案・実行していくことが求められている。しかし、そうした「現場」とのつながりを省内で広く共有し、効率的に活用する仕組みが十分に構築できているとは言いがたい状況にあり、人脈共有基盤をさらに盤石なものにするため、Sansanの試験的な導入拡大が決定した。

 今回は、現在強化している「J-Startup」などのスタートアップ支援に関連する複数の部局に導入を行い、各企業との接点情報の共有を図るとしている。