Biz/Zineニュース

リクルートマネジメントソリューションズ、「チームにおける多様性経験に関する実態調査」を公表

 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所は、従業員規模300名以上の企業において、20~50代の会社員351名に「チームにおける多様性経験に関する実態調査」を実施し公表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] タレントマネジメント ダイバーシティ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の調査の背景として、さまざまな社会変化の影響により、国籍・性別・年齢などの表層の多様性だけでなく、価値観や志向、スキル・経験などが多様なメンバーと共同する機会が増加を挙げている。多様性は、うまく働けばチームの成果や創造性に良い結果をもたらすが、軋轢や衝突、遠慮が重なれば悪影響を及ぼす可能性もあり、多くの職場ではチーム単位で業務を遂行するため、各チームではその多様なメンバーを活かし合いながら、成果を上げていかなければならない状況があるとしている。

 日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマネジメントし、成果や創造性につなげるためにはどうすればいいかについて、分析・考察したという。

調査結果のポイント

■「多様性が高いチーム」の“多様性”は、「年齢層の幅が広い」「保有知識やスキルのレベルにバラつきが大きい」という傾向がある

多様性

■多様性が高いチームのうち45.0%が、業務・人間関係が共に良好

多様性

■チームの成果とポジティブな関係がある多様性の種類は、「性別」「専門性」、ネガティブな関係がある多様性の種類は「勤務地」「知識・スキルレベル」

多様性

■多様性が高いチームのうち8割以上が「助け合いながら仕事を進めている」「メンバーは、チームで成果をあげることに貢献しようとしている」一方で、約7割が「チームのメンバーには心身に疲れが見られる」という結果も

多様性

■チームをうまく進めていく上で障害となる多様性の特徴は、「知識・スキルレベル」が最多で33%、続いて「価値観」28.2%、「年齢層」21.7%という結果に

多様性

■多様性が高くてよかったことは「異なる意見によってチームの成果があがる」「刺激がある」「楽しい」

多様性