Biz/Zineニュース

ISID、全社横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」を設置

 電通国際情報サービス(以下、ISID)は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けたAI活用を支援することを目的に、全社のAI人材と知見を集約した横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」を設置した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ISIDは、2016年に設置したAI専任組織を中核に、製造業の設計開発をはじめとする多様な領域において、業務ごとの特性に応じた最適なAIソリューションの開発や適用支援を行ってきた。これまでに、時系列データを利用した動作予測や予兆検知サービス、深層強化学習で機械制御を最適化していくためのAIモデル構築や因果分析サービス等、製造業を中心に100を超えるAIプロジェクトの推進実績があるという。また、2019年に開始した3ヵ年の中期経営計画では、テクノロジー、業界、企業、地域等の枠を超えたX Innovation(クロスイノベーション)を通じ、FinTech、デジタルマーケティング、スマートエンタープライズ、ものづくり革新等の当社グループが強みを持つ領域における新ビジネス創出を推進している。

 今回のAIトランスフォーメーションセンター設置は、こうした取り組みをより一層加速させるもので、社内のAI人材と知見を集約し、当社の全事業領域における顧客企業に対する付加価値の最大化を目的としている。