Biz/Zineニュース

ヤフー、新型コロナウイルス感染症対策として都道府県単位の往来量の日次推移グラフを公開

 ヤフーが提供する事業者向けデータソリューションサービスは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の一助として、自粛実態を把握しやすくすることを目的に、都道府県単位の往来量の日次推移を自身の操作で確認でき、転載利用も可能なグラフなどのコンテンツを公開した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データビジュアライゼーション データテクノロジー COVID-19 新型コロナウイルス感染症対策

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本コンテンツは、画面上で都道府県や人流の向き(往訪:出ていく人/来訪:入って来る人)、平日か祝休日かなどを選択すると、2020年3月15日から閲覧日前日までの、往来量を示す指数の日次推移が折れ線グラフで表示されるもの。対象とする都道府県を複数選ぶこともでき、容易に比較が可能になる。データは毎日13時をめどに前日分が反映される。なお、往来量を示す指数は、ヤフーが提供するアプリ上で位置情報の利用に許可を得たユーザーのデータを元に推計したもの。

 また、出典として「ヤフー・データソリューション」と表記すれば、営利・非営利を問わず転載利用ができ、Webサイト埋め込み用のコードやダウンロード機能もそろえているのだという。

 本コンテンツの作成にあたっては、ビジュアル分析ツールを提供するグローバル企業Tableau協力のもと、ヤフーが保有するビッグデータとともに、Tableau提供のデータビジュアライズツールを用いている。また本コンテンツは、Tableauの新型コロナウイルス感染症に関するデータをビジュアル化したコンテンツ特集サイト「COVID-19・Viz Gallery(外部リンク)」でも公開している。