Biz/Zineニュース

スマートドライブとKDDI、マレーシアにおける移動データを活用した事業課題解決に向け協業開始

 モビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブのマレーシア現地法人SmartDrive Sdn. Bhd.(以下、スマートドライブマレーシア)は、KDDIのマレーシア現地法人KDDI Malaysia Sdn. Bhd.(以下、KDDIマレーシア)と、マレーシアで事業を行う日系・現地企業向けに、移動データを活用した事業課題解決の取り組みにおいて協業を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] モビリティ 東南アジア

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートドライブは、マレーシアをはじめとする東南アジアでの移動に関する課題(交通事故や交通渋滞)の解決や経済発展へのソリューションとして、モビリティデータプラットフォーム及びデータを利活用するための技術を提供するべく、2019年11月にセランゴール州にオフィスを開設、2020年6月より現地法人を設立して本格的な事業を開始している。また、KDDIマレーシアは、従来のICTソリューションに加え、オフィス物件の選定・設計・デザイン・施工といったオフィス構築に関わるサービスをワンストップで提供し、コロナ後の社員が安心して働ける環境や省エネを追求したSmart Office・Factoryの提案を行っている。

 今回発表した両社の協業によって、スマートドライブが提供する車両管理を効率化する「SmartDrive Fleet」や、安全運転を促進する「SmartDrive Cars」を連携、活用することで、顧客のオフィスの外にある東南アジアならではの車両にまつわる課題解決をワンストップで行うことを目指す。

 両社は今後、共同で独自のサービス開発や提供を行い、東南アジアの他の地域への展開も視野に入れ協力を進めていくとしている。