Biz/Zineニュース

LayerX Labs、東京工業大学とブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムの共同研究を開始

 ブロックチェーン技術等のテクノロジーを活用した経済活動のデジタル化を推進するLayerXの研究開発組織「LayerX Labs」は、東京工業大学 情報理工学院 首藤研究室と、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムに関する共同研究を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ブロックチェーン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LayerXはこれまで、ブロックチェーンの社会実装にむけた重要な課題に関する研究に取り組んでおり、プライバシー技術「Zerochain」「Anonify」といったソフトウェアの開発や、スケーラビリティ問題の解決のためのシャーディング技術に関する学術論文の執筆などを手がけてきた。ブロックチェーンの基盤となるコンセンサスアルゴリズムに関する研究では、パブリックブロックチェーンEthereumのプロトコルアップグレードプロジェクト「Ethereum 2.0」に複数の提案が仕様として採用され、また、CBC Casperに関して世界で初めて査読付き国際学会にて論文を発表するなど、世界的な成果を残している。

 今回、2020年8月に新たに設立された研究開発組織「LayerX Labs」の研究テーマの一つである「パブリックブロックチェーン」の研究をさらに加速させるため、分散システムの専門家である東京工業大学 情報理工学院 首藤一幸准教授と共同研究を開始する。この共同研究では、首藤研究室が開発するパブリックブロックチェーンのシミュレータ「SimBlock」を活用し、EthereumのProof-of-Stake向けプロトコル「Casper」を始めとする最先端のコンセンサスアルゴリズムの安全性や性能の分析を実施するという。