Biz/Zineニュース

ガートナー、2021年の世界IT支出の成長率を4%と予測 3.8兆ドルに達する見通し

 ガートナーは、2021年の世界のIT支出総額が、2020年から4%増の3.8兆ドルに達するという見通しを発表した。一方、2020年のIT支出総額は、2019年から5.4%減の3.6兆ドルとなる見込みだという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT支出は、全セグメントにおいて2020年に減少が見込まれている。2021年に最も力強い回復が見込まれるのはエンタプライズ・ソフトウェア(7.2%)。これは、パンデミックによる需要に確実に対応すべく、企業がリモートワークのサポート、遠隔学習、遠隔医療などの仮想サービスを提供したり、ハイパーオートメーションを活用したりすることで、デジタル化の取り組みが加速するためだという。

表.全世界におけるIT支出予測(単位:百万米ドル)表.全世界におけるIT支出予測(単位:百万米ドル)

 組織がリモートワーク優先の環境にシフトしたことで、2020年のクラウド・アクティビティは増加したが、エンタプライズ・クラウドへの支出は複数のカテゴリに分類されるため、2021年まではベンダーの売り上げに反映されないという。

 ガートナーは、ITの使命が成長ではなくビジネスの存続になっているため、今後のデジタル・トランスフォーメーションにおいて、投資を正当化する対象は、パンデミック前と同じものではなくなると予想している。