SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ガートナー、日本企業のデジタル化は世界のトレンド・ラインより約2年の後れを取っているとの見解を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は、日本企業のデジタル化の取り組みは加速しているものの、世界のトレンド・ラインより約2年の後れを取っているとの調査結果を発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ガートナーが世界のCIOを対象に実施した2021年のCIOアジェンダ・サーベイの結果から、世界の企業の中でデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションが「成熟」段階にある割合は、2018年の33%から2020年の調査時には48%へと増加したことが判明した。一方、「成熟」段階にある日本企業の割合は、2018年の23%から2020年には37%へと上昇している。

 この調査では、「デジタル由来の売り上げ」と「デジタル化されたプロセス」の両方の割合を比較。それによると、日本企業は現時点で、全業界において、世界のトレンド・ラインより約2年の後れを取っていることも明らかになった。

2021年のCIOアジェンダ:デジタル化への旅のプロット図2021年のCIOアジェンダ:デジタル化への旅のプロット図
出典:Gartner(2021年2月)

 調査では、各テクノロジ領域における投資の増減についても尋ねている。調査対象となった世界のCIOは、サイバーセキュリティ/情報セキュリティ(61%)、ビジネス・インテリジェンス/データ・アナリティクス(58%)、クラウド・サービス/ソリューション(53%)の順で投資を増やすと回答している。一方、日本の企業のCIOは、クラウド・サービス/ソリューション(60%)への投資を増やすと回答した割合が一番多く、続いて基幹システムの改良/刷新(59%)、サイバーセキュリティ/情報セキュリティ(57%)を挙げている。

 テクノロジ投資の動向について、日本企業のCIOと世界のCIOには明らかな違いが見られた。1つ目は、日本企業のCIOは「基幹システムの改良/刷新」への投資を重視している点。日本企業のCIOの59%が投資を増やすと回答しているのに対し、世界での割合はわずか36%であり、10%は削減すると回答している。2つ目の違いは、「ビジネス・インテリジェンス/データ・アナリティクス」への投資。世界の企業のCIOの58%は同領域への投資を増やし、投資増加領域として第2位となっている一方、日本企業のCIOはわずか48%しか同領域への投資を増やさず、投資増加領域として第5位にとどまっている。

 ガートナーは、デジタル・ビジネスをより速く進展させ、グローバル環境における自社の競争力を高めたいと考えている日本企業のCIOは、以下の3つのアクションを実行すべきだとしている。

  • 自社の製品/サービスへのフィードバックを継続的に求めることで、より積極的かつ直接的に社外の顧客に関与する
  • オペレーションの効率化、新たな収入源の創出、カスタマー・エクスペリエンスの向上を目的としたテクノロジ・ソリューションを提案することで、弾力性(レジリエンス)と比較的反脆弱性(アンチフラジリティ)がある状態の達成を支援する
  • ITのリーダーシップを多様性と組織文化の変革に集中させてデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを加速させ、ポジティブ・フィードバックを提供することで、さらに前向きな職場環境をもたらす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング