Biz/Zineニュース

衛星データプラットフォームTellus、ディープラーニングで衛星画像の差分を自動抽出するツールを提供

 さくらインターネットは、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」で、2枚の衛星画像から街や建物の変化を自動抽出する「差分抽出ツール/Tellus-DEUCE(テルース デュース)」プロトタイプの無料提供を開始した。このツールは、さくらインターネットが開発を取りまとめ、ABEJAがアルゴリズムを実装したもの。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI ディープラーニング 宇宙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Tellus」とは、さくらインターネットが経済産業省事業として開発・運用する、クラウド上で衛星データの分析ができる日本発の衛星データプラットフォーム。「Tellus」では、「宇宙データを民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネスマーケットの創出を目指している。

 今回、「Tellus」の衛星データやアプリケーション、アルゴリズムなどのツールを、利用・売買することができる「マーケット」において、ABEJAのディープラーニング技術を用いてアルゴリズムを実装した「差分抽出ツール/Tellus-DEUCE」のプロトタイプをTellus公式ツールとして無料提供する。

 「差分抽出ツール/Tellus-DEUCE」とは、時期の異なる2枚の衛星画像における変化をディープラーニング技術で自動的に抽出することができるツール。これにより、海外など遠隔地の建物の建設状況や災害の影響などを把握することが可能となる。