Biz/Zineニュース

Relic、新規事業開発のCTO不在による技術課題を解決する「CTO as a Service」開始

 Relicは、新規事業・プロダクト開発やDXに携わってきた社内エンジニアやCTO人材のタレントプールを活用し、新規事業開発やスタートアップにおいてCTO/技術顧問などの人材が不在のために発生する技術課題をオンデマンド型で総合的に支援する「CTO as a Service」を提供開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新規事業 CTO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回提供開始するサービスは、200以上の新規事業・プロダクト開発やデジタルイノベーション・DXに携わってきた経験豊富な社内エンジニアやCTO人材のタレントプールを活用し、あらゆる事業フェーズや各企業/プロジェクトの状況に合わせた総合的な技術支援を、必要なタイミングでオンデマンド型で提供可能な点が特徴。これにより、必要最低限の支援をリーズナブルなコストで実現することができるという。