Biz/Zineニュース

ロッキード・マーティンとNEC、宇宙船開発におけるAIの本格導入に合意

 ロッキード・マーティンとNECは、衛星・宇宙航空分野でのAI技術活用に関する2017年からの協業の成果として、宇宙船開発におけるNECのAI技術「インバリアント分析技術」の本格導入に合意した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI 宇宙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロッキード・マーティンとNECは、この技術について、複数年にわたるライセンス契約の締結を検討しており、NASAの月探査計画「Artemis(アルテミス)」向けにロッキード・マーティンが開発している有人宇宙船「Orion(オリオン)」をはじめ、様々な宇宙船のプロダクトライフサイクルで活用される予定だという。

 NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つであるインバリアント分析技術は、コンピュータシステム、発電所、工場、ビルなどに設置された多数のセンサーから収集されるデータから、システムの振る舞いを学習・監視することで、いつもと違う挙動を自動的に検知し、早期対処を可能にする。

 ロッキード・マーティンの宇宙部門であるロッキード・マーティン・スペースとNECの共同開発チームは、宇宙船の初期製造試験と運用シナリオにおいて、インバリアント分析技術の有効性を評価。この結果、インバリアント技術をロッキード・マーティン・スペースのデータ分析システム「T-TAURI(ティータウリ)」に統合し、宇宙船の設計、開発、製造、および試験段階におけるシステムの異常予兆検知に用いることを決定した。これにより開発チームは、システムの徹底的かつ包括的な理解に加えて、将来的にはデジタルツインなどの高度な基盤システムも構築できるようになるという。協業を開始して以降、開発チームは本技術を宇宙船製造時における異常検知とソフトウェア確認試験を迅速に実現するアプリケーションに適用し有効性を確認しており、今後も取り組みを継続していくとしている。

 この取り組みの第1弾として、インバリアント分析技術を統合したT-TAURIを用いて、宇宙船「オリオン」の試験で生成された大量のデータを分析した。具体的には、約15万個のセンサーのデータから、4時間以内に220億以上の論理的な関係性を抽出し、通常動作のモデルを構築。このモデルを使用して、今後の「オリオン」開発におけるすべての試験を監視し、予想される動作と実際に起きた異常動作を比較して原因分析に役立てる。これにより、少数の技術者でもシステム全体の試験の詳細な分析が可能になるという。

 今後両社は、この技術を人工衛星を運用する地上管制や人間が評価している様々なシステムに活用し、宇宙探索ミッションの迅速化と効率化に貢献していくとしている。