Biz/Zineニュース

DNP、BaaS領域の事業強化に向けインフキュリオンと資本業務提携

 大日本印刷(以下、DNP)は、金融・決済を中心とした事業開発を行うインフキュリオンと、2021年2月末日に資本業務提携を行った。次世代のキャッシュレス決済や認証、金融コミュニケーションサービスを総合的に提供していく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 決済 BaaS 業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この提携によってDNPは、キャッシュレス決済に関わるさまざまなサービスをシームレスに提供する「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」の活用を加速させ、フィンテックの広がりや決済手段の多様化による需要拡大が見込まれる「BaaS(Bank as a Service)」領域に強みを持つインフキュリオンとの協業によって、より一層事業を強化・拡大していくという。

具体的な事業展開

1.両社の強みを掛け合わせたBaaS領域でのサービスの提供

 DX化を進める「銀行」のほか、銀行業務のライセンスを取得して銀行と同様のサービスを全てモバイルアプリで提供する「チャレンジャーバンク」、事業会社が銀行業務のライセンスを既存の銀行から借りてサービスを提供する「ネオバンク」等、主に決済・認証分野でBaaSサービスの導入に取り組む多様な規模の事業者を対象としてサービスを提供する。これらの事業者に対し、インフキュリオンの強みであるコンサルティングから具体的なサービス内容の設計およびBaaSプラットフォームとしての情報処理と、DNPの強みであるカードの発行、スマートフォン等での決済、各種情報処理(プロセッシング)等を連携し、迅速かつ低コストで提供する。DNPが提供するリスクベース認証や3Dセキュアといった複数認証の機能とBaaSをシームレスに接続することも可能だという。

2.BaaS領域の企業コミュニケーションによる新たな価値創出

 インフキュリオンのBaaSプラットフォーム「ウォレットステーション」、DNPの「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」と連動したマーケティングやBPO機能等を活用し、金融業界や決済事業者、官公庁を含む金融分野の幅広いステークホルダーと生活者のコミュニケーションを促進する。