Biz/Zineニュース

凸版印刷、BaaS事業による地域金融のDXの加速に向けインフキュリオンと協業

 凸版印刷は、インフキュリオンと2021年2月末に資本業務提携を締結した。本提携により、凸版印刷の「地域Pay」を始めとする金融サービス事業と、インフキュリオンが持つ決済領域での豊富な知見やBaaSプラットフォームの連携を推進する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] BaaS 金融DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の提携により、凸版印刷とインフキュリオンは、商店関係者、行政、地域金融機関が三位一体となった地域に最適なキャッシュレス整備を実現し、住民の利便性向上や地域経済の活性化に貢献していくという。

今後の事業展開

地域のキャッシュレス化推進の加速に向けた連携

 地域のキャッシュレス化を推進する決済プラットフォーム「地域Pay」とインフキュリオンの「Wallet Station」との連携により、地域通貨やお買い物ポイント、自治体ポイント等、商店や行政に関係の深い決済サービスと、地域金融サービスの融合を図る。さらに、今後地域にとって持続可能な決済サービスの在り方を模索し、地域に根差したキャッシュレス基盤整備を促進していくという。

両社のソリューション、ノウハウを活かした新しいサービスの企画・開発

 両社の持つ、各種決済サービス、本人確認・認証、デジタルマーケティングなどのノウハウを活かした、新規サービスの企画・開発を推進する。

 凸版印刷とインフキュリオンは今後、両社の知見・ノウハウを融合し、地域のキャッシュレス化推進を加速させ、地域活性化を支援していくとしている。