SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

山口周氏、松永エリック・匡史氏が語る、社会的イノベーションを成功させるためのDXとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

テクノロジーイノベーションのDXから、ソーシャルイノベーションのDXへ

柿崎:山口さんの近著『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』では「ここ30年のあいだに私たちの生活をこれほどまでに激変させたインターネット関連のイノベーションですら、経済成長の限界を打破できていない」と述べ、世界の生産性上昇率は60年代からずっと下がり続けていると説明しています。テクノロジーイノベーションが起こっても富の移転が起こっているだけだと。これは広告を例に挙げると、紙媒体などからネット媒体にシフトしただけということですね。また、経済的合理性だけの観点でビジネスを進めると「問題の普遍性が高く難易度が低い」ものばかりに焦点が当てられ、「問題の普遍性が低く難易度が高い」難病などの課題は着手されにくい点も指摘していて、その辺りはDXでもなおざりにされている問題ではないでしょうか。この状況を打破するためにはエリックさんの語る“愛”と山口さんの語る“衝動”から起こる“Business as Art”の実戦が必要で、つまり経済的合理性に基づくテクノロジーイノベーションとしてのDXから、社会的課題を解決するソーシャルイノベーションとしてのDXへ転換が必要だと感じます。

 山口さんは著書で、理想の社会の実現には一人ひとりの小さな行動の積み重ねが大切だとお話されています。ということで最後に、視聴者の方から質問やメッセージを実際に考えていただき、それらに対してお二人からコメントをお願いしようと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

比惠島 由理子(ヒエジマ ユリコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング