Biz/Zineニュース

日本ユニシス、中国地方でIoTセンサーによる観光マーケティングのDX実証実験を開始

 日本ユニシスは、中国地方を中心とした自治体・観光協会・DMO(Destination Management Organization)/DMC(Destination Management Company)および観光事業者とともに、観光地点の入込客数と属性データを即時に可視化し、観光施策の評価・立案を支援する実証実験を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング 観光DX 日本ユニシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスグループのR&D拠点である日本ユニシス総合技術研究所は、自治体や観光協会、DMO、DMC、観光事業者の境界を越えた広域施策立案のため、中国地方を中心とした主要観光施設にIoTセンサーを取り付け、従来では難しかった短期間での観光施策評価の仕組みを構築し、変化の激しい時代に対応できる観光マーケティングを支援していく。

 この実証実験では、これらの課題に対応するために自治体/観光協会/DMO/DMC/観光事業者の境界を越えたリアルタイムなデータによる状況把握と、短期間での施策評価によるスピーディーな意思決定を支援する仕組みを構築し、観光分野でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現性と有用性を検証する。

実証実験の内容

 中国地方を中心とした地域内の観光施設に入込客をカウントする人感センサーと、入込客の属性(年代、性別)を推定する属性カメラを設置し、データをクラウド上の地域データ管理基盤にリアルタイムに収集。収集したデータを活用し、施設ごとの来場者数のトレンド増減や時間帯別・属性別の利用者数、施設間の相関関係などを可視化する。

 この実証では、自治体/観光協会/DMO/DMC/観光事業者の関係者が自ら可視化ツールを操作することで、管理施設の現状や施策実施後のデータの変化を自治体間で相互に把握し、圏域を越えた施策の評価・立案が有効であることを検証する。また、実証期間中、実証に参加している自治体/観光協会/DMO/DMC/観光事業者の可視化ツールの利用体験に基づき、可視化ツールのUI/UXを継続的に改善し、意思決定の質の向上を図る。

 この実証実験に参加した自治体/観光協会/DMO/DMC/観光事業者と日本ユニシスは、この実証実験から得られた知見をもとに、地域が持つ観光資源を最大限に有効活用する観光DXを実現する。また、今後は収集したデータをオープンデータとして地域に流通させることで、観光分野に留まらないさまざまな領域でのデータ利活用モデル創出と、地域のビジネスエコシステム形成を目指すとしている。