Biz/Zineニュース

スマートドライブ、静岡県松崎町の公共交通の再編を需要データの収集・分析で支援

 スマートドライブは、2020年10月から静岡県松崎町と共同実施してきたバス・タクシーの走行データを活用した「これからの公共交通のあり方」を検討するプロジェクトを推進してきた結果、路線バスの合理化・削減が実現し、2021年度においても継続実施することを発表した。
 旧来の「プロダクトアウト型の公共交通」を、実際のデータから特定される移動ニーズを基にした「マーケットイン型公共交通」に切り替えることで、限られた自治体予算を有効に活用し、住民の生活の足の確保や高齢者が安心して免許返納できる方策の検討を行っていく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データ分析 モビリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のプロジェクトでは、今後、生活の足として必要とされる移動手段やルートの多様化が進むと想定されるなか、現在利用されているバス・タクシーの利用状況などを把握することによって、地域住民の移動ニーズの抽出を図った。松崎町内を走る自主運行バス(4路線・11台)・タクシー(3社・8台)に、スマートドライブのクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」のデバイスを設置し、

  • バスの利用者数/乗降者数を把握
  • バス停ごとの利用者数を把握
  • タクシー利用者の乗降場所、タクシーの走行ルートを可視化

等の施策を、2020年10月1日より4ヵ月間実施。

 4ヵ月で得られたデータから、

  • 朝夕の通学や通勤の移動などバスの利用の偏りの可視化
  • 利用が少ないバス停の可視化
  • 現在のバス路線だけではカバーしきれていないエリアの可視化

等の分析により、1路線の合理化、3便の削減を行うことができた。

 今後はマイカー移動ニーズ等も捉えながら、路線減により削減される自治体支出をより効果的に投入するためのオンデマンドタクシーの運行や、夏の観光シーズンにおける公共交通の需要予測などについてもデータをもとに検討していく予定だとしている。