SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

note深津氏とTencent陳氏が語る、多くのユーザーが使い続けるプラットフォームのUX設計

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

サービス立ち上げ時に「コアバリュー」を意識する必要がある

 あらゆる場面でのプラットフォームとして活用されつつあるWeChatだが、トップページのインターフェースはごくシンプルでサービス開始時とほぼ変わらない。通常、様々なサービスが提供されるようになると、トップページにずらりと並びがちだ。

 藤井氏は「サービスが増える中で、シンプルさや本来の価値を保つために相当な努力があるのではないか」と推測する。陳氏は「実際、サービスの立ち上げ時に重視されたのは、サービスを構築・実現するための優れたフレームワークをどう設計するか。具体的には『コンテンツやサービスが多数追加されても、ユーザーが迷子にならないためにはどうしたらいいのか』ということだった」と語る。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング