SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

応用脳科学コンソーシアム参画企業8社が脳情報をベースに評価・探索・予測するAIの研究開発を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 応用脳科学コンソーシアム(Consortium for Applied Neuroscience、以下CAN)に参画する、高砂香料工業、竹中工務店、三井住友フィナンシャルグループ、旭化成、アサヒクオリティーアンドイノベーションズ、NTTデータ、NTTデータ経営研究所、DICの8社は、情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)などの研究機関や大学などと連携し、人間が五感を通じて統合的に感じる価値を感性価値として、脳情報をベースに評価・探索・予測するAIの研究開発を本格的に開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 CANと8社は、

  1. 視覚と嗅覚のクロスモーダル価値
  2. 視覚と触覚のクロスモーダル価値
  3. 空間感性価値
  4. コミュニケーションにおける感性価値

などに関して脳科学とAIの融合研究によるAIの開発を行っていく。

 CANでは今後、設立の趣旨に同意し参加する企業を様々な異なる分野から募集し、さらなる研究開発の道のりを模索していく予定だとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング