Biz/Zineニュース

大成建設、GPS等の位置情報が届かない坑内での無人建設機械の自動運転を実現

 大成建設は、GPS等の位置情報が届かないトンネル坑内での無人建設機械の自動運転を実現した。建設機械の周辺環境を示す地図作成と自己位置推定を3次元で同時に行うSLAM技術を活用した位置情報取得技術「T-iDraw Map」の開発・導入により、随時位置情報を取得でき、施工現場の周辺環境変化に的確に対応した自動運転が可能となる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 自動運転 大成建設 建設機械

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大成建設は、SLAM技術を活用して位置情報を取得できる「T-iDraw Map」を開発し、GNSSを利用できないトンネル坑内において土砂運搬する無人建設機械(クローラダンプ)の自動運転を実現したという。

SLAM技術による位置情報を建設機械の自動運転に活用

 この技術は、SLAM技術を活用し、無人建設機械に搭載したセンシング装置による計測情報から、建設機械の周辺環境を把握するための「環境地図作成」と「自己位置推定」を同時に行う。これらのデータを基に建設機械の位置情報などを取得し、あらかじめ設定したルートを自動走行できるため、GNSSを利用できない坑内や地下でも自動運転が可能となる。

障害物を回避するルートの自動作成による減速走行可能

 無人建設機械の自動運転時において、走行ルート上に想定していない障害物が出現した場合でも、センシング装置で障害物を認識し、自動で回避ルートを作成して、減速走行する。時々刻々と環境が変化する施工現場の状況に的確に対応でき、安全性の高い自動運転が可能となる。