Biz/Zineニュース

電通デジタル、Vanguard IndustriesとIoTサービス創出支援の組織を設立

 電通デジタルはVanguard Industriesと共同で、生活密着型IoTを基点とした企業のサービスモデル変革を支援する、IoTサービスクリエーション組織「IoL(Internet of Life)スタジオ」を設立した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 新規事業開発 電通デジタル 新規事業創出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この組織は、生活者の日々の行動を分析し、生活者と繋がり続けるIoTソリューション創出を支援していく。企業の新規事業開発において、電通デジタルが持つ、顧客理解を基点とした事業構想からサービスデザイン、実用化に向けたアジャイル型のプロトタイピングまでの知見と、IoT開発に高い専門性を持つVanguard Industriesのノウハウを活かすという。

 新規事業開発にあたり、まず、企業の経営課題や事業目標を基点に、生活者へのインタビューやカスタマージャーニー分析を通して日常における感情を洗い出し、解決するための最適な顧客体験設計、事業としてのサービスデザインをおこなう。また、実用化に向けてアジャイル型でプロトタイプを開発し、実証実験で生活者の意見を取り入れてブラッシュアップした上で、実用最小限のプロダクト構築を行うことで高い顧客体験価値を創出し、本番サービス開発、運用までを一気通貫で支援していく。

 

IoLスタジオで構想中のIoTサービス例

  • 生活者と精神的な繋がりをつくることでメンタルケアを行うAIロボット
  • コロナ禍のリモート集合下で相互コミュニケーションを円滑にするデバイス
  • 個々の健康状態に加えて生活習慣や味の好みも反映させた、リピートされやすい調味デバイス

タイトル