Biz/Zineニュース

ソフトバンクと神戸物産、AIなどを活用した次世代型スーパーの実験店舗を構築

 神戸物産とソフトバンクは、8月にオープンする予定の神戸物産の直営店「業務スーパー天下茶屋駅前店」を、AIなどを活用して顧客の満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗として構築することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI 小売 ソフトバンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸物産は、ソフトバンクなどが企画・開発したソリューションを活用して、「業務スーパー天下茶屋駅前店」で顧客の満足度向上を実現するための取り組みを実施する。また、その取り組みの効果や運用方法を検証し、魅力的な施策を全国の業務スーパーに展開することで、さらなる業務スーパーのファンの獲得と事業の成長を目指すという。

「業務スーパー天下茶屋駅前店」で実施する主な取り組み内容

AIカメラで品切れを自動検知

 陳列棚の映像をAIカメラで解析し、品切れを自動で検知してスタッフに知らせるシステムを導入。これによって最適なタイミングで商品の補充が可能となる。また、スタッフの業務量や人件費を削減することが可能で、業務スーパーの強みである「ローコストオペレーション」のさらなる強化を実現する。

顧客が選んだ商品に応じておすすめ商品やレシピを提案する「レコメンドカート」を導入

 ショッピングカート「レコメンドカート」に設置されたタブレットで、顧客が商品のバーコードを読み取ると、ヤフーが提供する多様なサービスから得られるビッグデータや、神戸物産が保有する実績データなどを基に、AIが導き出したおすすめ商品やレシピをタブレットに表示する。

 また、バーコードを読み取った商品をカートに入れると、タブレットでカート内の商品を一覧で見ることができ、買い忘れ防止となる他、その時点の買い物合計金額も一目で確認することができるという。カートをレジと連携させると、セルフレジとしても利用することができるため、顧客はレジに並ぶことなく精算することが可能となる。店舗側は、レジ業務を担うスタッフを削減することができ、通常より少人数での店舗運営ができるとしている。

AIを活用してレジの待機人数を予測

 店内に設置したカメラの映像を基に、入店人数やレジの待機人数、精算に掛かる時間などをAIで分析することで、レジの待機人数を予測して、曜日や時間帯ごとのレジの稼働台数やスタッフの配置の判断などに役立てる。適正な台数のレジを稼働させることにより、顧客の待ち時間が削減されるという。

 この他、店内における顧客の動線分析の他、サイネージでの情報配信やその視聴者の属性分析など、様々な取り組みを順次実施していく。これらの取り組みにより、業務スーパーをより魅力的な店舗とすることで、顧客満足度向上を目指すとしている。