SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

「2045年問題」の時間軸を再考する-心のリバースエンジニアリング

書評:『フューチャー・オブ・マインド』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

マトリックスは少し先の未来-「心」がエンジニアリングの対象となる

 著者が提示する可能性の1つとして、「記憶の未来」に関して言及している部を紹介したい。映画「マトリックス」では、“カラテ”のデータを脳に直接インストールして、瞬時にカラテの能力を獲得するシーンがある。本書を読むと、記憶のインストールがもはやSFではなくなることに気付かされる。

 記憶のメカニズムはいまだ謎に包まれているが、少しずつ解明が進んでいるようだ。その一例が「忘れる」ことの研究である。
 「百科事典の何ページの何段落目の記載はこうである」と言い当てられる天才がいる(「写真記憶」と呼ばれる)。彼らは、覚える力が高いのではなく、忘れる能力が低いのかもしれない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

弦音 なるよ(ツルネ ナルヨ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング