SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

「2045年問題」の時間軸を再考する-心のリバースエンジニアリング

書評:『フューチャー・オブ・マインド』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

現在の人工知能の意識レベルは「昆虫」

 著者に言わせれば、現在の人工知能の意識は「レベル0から1の間」である。つまり植物か、よくて昆虫並みだ。

 最先端の人工知能は、YouTubeを観て猫を探し出したり、リアルタイムの自動翻訳を可能にしたりするが、与えられたインプットに対する高度なアウトプットができるにすぎない。他者との社会的関係に悩んだり、昨日までの自分を振り返って明日を想像したりすることもできない。人工知能は、未だに「自分」の存在にも気付けていない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

弦音 なるよ(ツルネ ナルヨ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング