SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

「2045年問題」の時間軸を再考する-心のリバースエンジニアリング

書評:『フューチャー・オブ・マインド』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“心の工学的利用”が引き起こす「技術的特異点」

 21世紀は「生物学の世紀」と言われる。しかしそれも前半だろう。世紀の後半には、科学の最重要テーマは「心」や「意識」を取り扱うものになるかもしれない。生物学が肉体、つまり我々のハードウェアを解明するものであるとして、その次にソフトウェアの時代が来るのだ。これは、IT革命で起きたのと同じだけの変化が、我々自身にも起こりうることを示している。

 本書では、いずれ「心のリバースエンジニアリング」が完了し、我々が1ゼタバイトの「情報」として肉体を離れる未来を予想している。肉体の制約がなくなり、ただの情報になってしまえば、長い時間をかけて恒星間を旅することも難しくない。新しい器に入れ替えてもいいし、レーザ通信で送ることも可能だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

弦音 なるよ(ツルネ ナルヨ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング