SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

JR西日本とソフトバンク、自動運転と隊列走行技術を用いたBRTの実証実験を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)とソフトバンクは、自動運転と隊列走行技術を用いたBRT(以下、自動運転・隊列走行BRT)の実証実験を、10月から滋賀県の専用テストコースで開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 両社は、まちづくりと連携した持続可能な地域交通としての次世代モビリティサービスの実現に向けて、「自動運転・隊列走行BRT」の開発プロジェクトを2020年3月に立ち上げている。このプロジェクトでは、連節バスの自動運転化および自動運転バス車両の隊列走行の実用化を目指して、専用テストコースの設置など実証実験に向けた準備を進めてきたという。

 今回、専用テストコースの走行路が完成することに伴い、3種類の自動運転車両(連節バス・大型バス・小型バス)を用いて、車種が異なる自動運転車両が合流して隊列走行などを行う実証実験を開始する。テストコースでの実証実験を通して、「自動運転・隊列走行BRT」の技術確立とシステムの標準パッケージ化を目指し、2020年代半ばをめどに次世代モビリティサービスとして社会実装を進めていくとしている。

「自動運転・隊列走行BRT」サービスが目指す姿

  1. 専用道による安全性・定時性・速達性の実現
  2. 専用道の利点を生かした自動運転・隊列走行の早期実現
  3. 需要に応じた柔軟な輸送力の確保
  4. 他の交通手段と連携した一体的でフラットな(段差の少ない)交通網の実現
  5. 運転手の担い手不足の解消
  6. シンプルな設備によるローコストなモビリティサービスの実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング