SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

中日本高速鉄道ら4社、ローカル5G活用した道路保全作業の効率・安全性向上目指し開発実証を実施

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 中日本高速道路、エクシオグループ、日立国際電気、AMECコンサルタンツの4社は、ローカル5Gを活用した高速道路トンネル内メンテナンス作業の効率・安全性向上に関する開発実証を実施する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本実証実験は総務省の「令和3年度 課題解決型ローカル5G 等の実現に向けた開発実証」に選定されたもの。NEXCO中日本の業務課題を解決するため、道路保全・点検業務の安全性向上・高度化を目指す「i-MOVEMENT」の活動として、4社が共同して検討を進めてきたプロセスにローカル5Gを用いて実施するという。​

  • 実験場所:東海北陸自動車道 美濃IC~美並IC間 古城山トンネル(下り線)
  • 実験時期:2021年12月~2022年3月

実験における検証内容

ICT技術の組み合わせによる作業者の安全確保

 高速道路のトンネル内に設置された4Kカメラの、高精細映像をローカル5Gで伝送。AI画像解析によって、危険事象の検知を実施するとしている。その後、現場の作業者に対して検知された危険事象をアラート通知する一連のプロセスが、現場における作業者の安全性向上に繋がることを検証するという。なお、本検証では作業者の注意不足による高速道路の規制外へのはみ出しや、規制内への突入車両に対する回避時間確保などの効果が期待されるとしている。

スマートデバイスを活用した遠隔作業支援

 スマートグラスを装着した現場作業者に対し、ローカル5G通信を介した映像および音声によって、遠隔地にいる熟練技術者からの作業支援プロセスが円滑に実施できることを検証。少子高齢化にともなう人手不足や、熟練技術者の減少に対して効果が期待されるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング